×

CATEGORY

長寿祝いの名称と由来

長寿祝いの名称と由来

満60歳になったお祝いのことを、還暦祝いといいます。
60歳は職場を退職する年齢であり、第二の人生の始まりでもあります。
還暦は長寿をお祝いするものなのです。
この長寿祝いには、還暦以外にも多くの種類があります。
これらは中国から伝わってきたものであり、暦が関連することもありますが、多くの場合が漢字を崩して当て字にしたものです。
それでは、60歳以上の長寿祝いの呼び名とその由来などについてご紹介します。

長寿年齢と名称

長寿年齢と名称

還暦(61歳)
寿命が短かった時代では、60歳まで生きていることは長寿とされていました。
しかし、医療技術の発達した今では60歳まで元気でいるのは珍しいことではありません。
60歳の方のほとんどが、溌剌と働いています。
そのため、現代では長寿のお祝いというよりも定年退職のお祝いといった意味が強くなっています。
十干十二支が一巡りするのが61年目です。
そのため、暦が還るという意味を持つ「還暦」と呼ばれています。
また、「赤子に還る」という意味から、赤いちゃんちゃんこを身に付けます。

古希(70歳)
中国の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」という言葉から生まれました。
昔は70歳まで生きていることが稀だった、という意味から「稀」の漢字を取って「古希(古稀)」と呼ばれます。
紫色のちゃんちゃんこを着て、お祝いします。

長寿年齢と名称

喜寿(77歳)
喜びの漢字を草書体で書くと、漢数字の七・十・七と分解できるために77歳のお祝いが行われるようになりました。

傘寿(80歳)
傘寿と書いてサンジュと読みます。
傘の漢字を簡略化した文字が、漢数字の八と十と読めることから80歳のお祝いが傘寿と呼ばれるようになりました。
還暦から数えて20年、2度目の成人を迎えることにもなります。
傘寿の時には金色、または黄色のちゃんちゃんこを着ます。

米寿(88歳)
米の漢字を分解すると八・十・八に分けることができます。

卒寿(90歳)
卒の略字は粋の右部分「卆」です。九と十があることから卒寿が90歳のお祝いの呼び名となりました。

白寿(99歳)
漢字の百から一を引くと白となることから99歳のお祝いは白寿と言われます。
ちゃんちゃんこも白寿にちなんで白色を身に付けます。

紀寿(100歳)
紀寿と書いてキジュと読みます。
77歳のお祝い喜寿と同じ読み方です。
100年、つまり一世紀を生き抜いたことから、世紀の「紀」が使われています。
由来には、漢字と年齢を結びつけたものが多くあり、とても分かりやすくて素敵です。
これから上記のお祝い年を迎える方がいらっしゃったなら、是非お祝いしてみてください。

CATEGORY

CONTENTS

お問い合わせ

ご不明点などがございましたら、
ポエムハウスまでお気軽にお問い合わせください。

TEL / FAX 0776-43-9909

営業時間 10:30~18:00
定休日 水曜日

お問い合わせフォームはこちら