×

CATEGORY

世界の還暦祝い

長寿のお祝い事は様々ありますが、中でも盛大に行なうことが多いのが還暦祝いではないでしょうか。
父母の還暦祝いに家族で外食をしたり、旅行をプレゼントしたりされた方もいらっしゃると思います。
最近では豪華なものでなくとも、名入れやメッセージ入りの贈り物でお祝いの気持ちを伝える方も多いです。
還暦祝いは日本だけのものと思われていることが多いですが、世界にも様々なお祝いの方法があります。

中国

そもそも満60歳になったらお祝いをするという習慣は、中国から伝わってきたものだと言われています。
暦の上で十二支十干が一周すると人間の一生は終わり、還暦を迎えることによって生まれ変わるという思想が始まりです。
赤いちゃんちゃんこは、魔よけの赤い色からきています。
中国では還暦祝いをとてもめでたいこととして、還暦パーティーには親戚一同必ず集まるそうです。
祝いの品は様々ですが、お年玉のように現金を贈るところが日本との違いではないでしょうか。
また、中国から思想の影響を受けた東南アジアの国々でも、還暦祝いを盛大に行なう国が多いです。

ヨーロッパ

西洋社会では十二支十干思想はありませんが、50年と60年の区切りは特別な区切りとしてお祝いします。
「60周年祭り」として、ダイヤモンドを贈る風習があります。
最近では、結婚60周年を向かえるご夫婦のことをダイヤモンド婚と称することもありますが、60=ダイヤモンドという考えはここからきています。

アメリカ

アメリカでもヨーロッパの影響を受け、60年を特別な区切りとしています。
ヨーロッパと同じくダイヤモンドを贈ることもありますが、「ラッキーコイン」と言って生まれ年に製造されたシルバーコインを贈る習慣もあります。

贈り物を何にするのかは人それぞれですが、祝いの気持ちが伝わるものを贈りたいものです。
メッセージ入りの贈り物は、ただ物品を贈るだけでなく、気持ちを文章にして伝えることができるので人気があるのではないでしょうか。
当店では贈られた方が、いつまでも温かい気持ちでいられるようなギフト作成をお手伝いしています。

CATEGORY

CONTENTS

お問い合わせ

ご不明点などがございましたら、
ポエムハウスまでお気軽にお問い合わせください。

TEL / FAX 0776-43-9909

営業時間 10:30~18:00
定休日 水曜日

お問い合わせフォームはこちら